MENU

中性脂肪を下げる方法を調べました

中性脂肪(トリグリセライド=GT)は心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす

体内にある中性脂質・リン脂質・糖脂質・ステロイドの4種類の脂質を中性脂肪と呼んでいます。肝臓で作られる中性脂肪の主な原料は砂糖などの糖質や炭水化物や動物性脂肪などです。これらの成分を多くとりすぎた場合には体内で皮下脂肪として蓄積されることになります。

 

心筋梗塞の原因となる

人が活動するには最初にブドウ糖がエネルギーとして使われますが、ブドウ糖が不足すると体内に蓄えられていた脂肪を分解してエネルギーとして活用することになります。しかしその機会がなく血液中の中性脂肪やコレステロールが増えすぎの状態(脂質異常症)になると心筋梗塞や動脈硬化などを起こしてしまうのです。日本では心筋梗塞の人はコレステロール値は通常でも中性脂肪値が高い数値を示すことが多いようです。

血液中に余分な中性脂肪が増加すると動脈硬化の原因となります。動脈硬化性疾患(狭心症・心筋梗塞・脳卒中など)を予防するためには定期的に中性脂肪値を測定することが大切になります。中性脂肪の値については高すぎると動脈硬化を引き起こしますし、逆に低すぎると栄養障害などを起こすことになります。

↓↓気になる人は今すぐチェック!↓↓

ランキングへ

中性脂肪値の検査はどのように行われるのでしょうか

中性脂肪値は血液を採取することにより検査されます。検査の試薬として酵素が使われます。

 

基準値と変動範囲について

30〜149mg/dlが中性脂肪の基準値となります。ただし測定については1回だけでなく複数回行うことをおすすめします。食後の30分を経過した頃から中性脂肪値は上昇して食後4〜6時間後に最も高い数値を示すことになります。変動が大きく測定する時間により数値が異なりますので早朝の空腹時に検査を行います。

 

検査結果の判定について

中性脂肪値が250mg/dl以上の場合には精密検査が必要になります。150〜249mg/dlの場合には経過観察が必要です。いずれも日本人間ドック学会の判定基準によります。脂質異常症(高脂質症)になると中性脂肪値が高くなります。この病気の診断を中年以上になって受ける男性の4割は中性脂肪値が高く肥満傾向もあります。また中性脂肪値以外にコレステロール値も高いという場合には動脈硬化症や糖尿病や甲状腺機能低下症やクッシング症候群などの疑いもあります。

 

1000mg/dl以上の中性脂肪値を示す人の場合には急性膵炎を起こす可能性があり治療が必要になります。逆に極端に低い中性脂肪値が示される場合には肝臓病やアジソン病や甲状腺機能亢進症などの可能性があります。

 

中性脂肪値は高すぎても低すぎても健康を害する恐れがあるので気をつけましょう。

 

数値に異常があった場合

主に肥満や食べ過ぎや運動不足や飲酒などの生活習慣によって中性脂肪値が高くなる場合が多いようです。これにより動脈硬化症による病気である心筋梗塞や脳血管障害などを起こしやすくなりますから、普段の生活の中で中性脂肪値をコントロールすることが大切になります。

 

お酒については禁酒をするか、あるいは週に2回程度に抑えましょう。肥満の人や運動不足の人の場合には脂肪や炭水化物の多い食事を控えて適度な運動を行うことで改善が可能です。食事の内容を正しいものに改善するだけで中性脂肪を30%以上減らすことができたという例もあるようですから頑張ってください。

 

数値が異常な場合には次のような病気が疑われます

数値が高すぎる場合は脂質異常症(高脂血症)や糖尿病や甲状腺機能低下症やクッシング症候群や肝障害などの可能性があります。逆に数値が低すぎる場合には甲状腺機能亢進症や肝臓病やアジソン病や栄養障害などの可能性があります。

 

血中の中性脂肪が気になる場合には

中性脂肪が気になるという人には「イマークS(エス)」がおすすめです。EPAやDHAを配合した日本水産の「イマークS」は中性脂肪が気になる人におすすめの特定保険用食品なのです。日本ではじめてのEPA含有特定保健用食品なのがイマークSです。飲みやすいまろやかヨーグルト風味で継続しやすいという口コミも多くの人から集まっています。

 

【 多くの方がその効果を実感しています】

 

イマークS

EPAやDHAなどの青魚に多く含まれる健康成分を配合していますので中性脂肪を減少させる効果が高いのです。

 

中性脂肪が気になる人はもちろんですが、甘いものや果物が好きな人や青魚を食べる機会がないという人、また宴会などお酒の機会が多い人にもおすすめでです。

 

>>日本水産のイマークSの詳細についてはこちらを参照

 

人気アイテムランキング


人気アイテムランキング


イマークSは、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAが260mg、EPAが600mgも含まれているヨーグルト風味のドリンクです。イマークSに含まれているEPAは、血中中性脂肪の減少に効果的な成分で、1日1本を4週間から12週間継続して飲み続けることにより、血中中性脂肪が、摂取前よりも20%も減少したという結果が報告されています。青魚をあまり食事で摂取していない人、メタボが気になる人などにはお勧めの製品です。
価格 容量 使用方法
1000円(10本・初回限定) 100ml(1本あたり) 1日1本

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
高麗人参の7倍のサポニンとフラボノイド、そして必須アミノ酸が豊富に含まれているのが田七人参です。田七人参は、古来から珍重されてきた自然のパワーにより、血液の巡りをサラサラにする効果に優れています。白井田七は、国際有機認証取得、また有機JAS認証取得など品質や安全性にも優れていますから、安心して健康のために服用することが出来るのです。
価格 容量 使用方法
9240円(初回限定) 240粒(1瓶) 1日4〜8粒

公式サイトへ



人気アイテムランキング
飲むだけでコレステロールを下げ、脂肪の燃焼を促進してくれるのが、VCOサプリメントです。VCOサプリメントは、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれているヴァージンココナッツオイルが主成分となっています。また、VCOサプリメントに含まれるヴァージンココナッツオイルは、自然分離抽出方法による高級ココナッツオイル。だからこそ、VCOサプリメントは飲むだけでぶよぶよボディを解消することが出来るのですね。
価格 容量 使用方法
7590円(特別定期便) 90粒×2本 食事の前に2粒

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング


ベターミオは、特定保健用食品として許可された錠剤タイプの製品で、1日2袋食べることによって、効率的に中性脂肪を減らしてくれます。ベターミオに含まれるベータコングリシンは、大豆に僅かしか含まれていない希少なタンパク質で、このベータコングリシンが中性脂肪に効果的なのです。今ある脂肪は効率的に燃焼させ、これから作られる脂肪は身体に蓄積しないように抑制してくれます。摂取した脂肪をブロックしてくれるなどの効果もあります。
価格 容量 使用方法
500円(10袋・初回限定) 10袋(1袋8粒入) 1日2袋(16粒)

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
スーパーサラシアは、毎食前にたった3粒飲むだけで、理想的なボディへ導いてくれる製品です。インドのアーユルヴェーダで注目の植物サラシアが配合されており、サラシアにしかない成分が糖の吸収を抑制し身体に糖を蓄積しないことで、脂肪を燃焼アップを叶えてくれます。他にもウコン、紅景天をバランスよく配合。品質にもこだわっていますから、安心して飲めるのもお勧めできるポイントとなっています。
価格 容量 使用方法
500円(90粒・モニター価格) 90粒(10日分) 食事前に3粒

公式サイトへ


 



人気アイテムランキング
美味しくダイエットサポートしてくれる朝美人革命は、ゴールデンキャンドルにダイエット茶として有名なプーアル茶をプラスした製品です。更に、ウコンやローズヒップ、ジンジャーやハイビスカスといったハーブを加えた3種類のハーブデトックスティー、そして黒豆や杜仲茶生姜にごぼうを加えた和テイストの3種類が用意されています。様々なフレーバーで飽きることなく美味しくデトックス出来るのが、朝美人革命なのです。
価格 容量 使用方法
2754円 6種類セット(7ケ入×6種類) 1日1杯

公式サイトへ