MENU

中性脂肪について詳しく知りましょう!

脂肪酸のグリセリンエステルが中性脂肪です

 

中性脂肪とは?

中性脂肪と言えば脂肪酸のグリセリンエステルのことを指すのが一般的です。モノグリセリド・ジグリセリト・トリグリセリドというものが脂肪酸であるグリセリンエステルにはあるのですが、人の血液に含まれているグリセリンエステルはその大部分がトリグリセリドなのです。

 

これらのグリセリドは脂肪酸と結びつくことで中性の性質を示すことから中性脂肪と呼ばれています。中性脂肪の主成分である脂肪酸については、動物性のものではステアリン酸やパルミチン酸などの飽和脂肪酸が中心です。また植物性のものではオレイン酸やリノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸が中心になります。動物性の脂肪酸は常温でも固体を保つものが多いです。また植物性の脂肪酸の場合は常温では液体であるものが多いです。

中性脂肪は生きていくためには欠かせないものです

中性脂肪については良くないイメージが一般化していますが、実際には中性脂肪は人間が生きていくためには欠かせない成分なのです。いざという時に備えてエネルギーを保存する役割が中性脂肪にはあります。そのため1週間程度であれば人は水だけで生きることができるのです。

 

また体内の中性脂肪が増えすぎた場合には血液がドロドロの状態となり体が不調になります。いわゆるメタボリックシンドロームです。

 

この状態を改善せずに放置していると将来重い病気を発症する可能性が高くなります。これ以外には体温の保持や外部からの衝撃を吸収するクッションの働きなども中性脂肪にはあるのです。

中性脂肪の基準値について

中性脂肪の値とは

健康診断などで中性脂肪値を測定した場合には、その結果を基準値と比較することで今の自分の状態を知ることができます。血液がサラサラなのかドロドロなのかを判断することができますし、これからの病気について予想することもできるのです。通常は血液1dlあたり40〜130mg程度が基準値となります。性別や体型や遺伝的要因などでも異なりますが、基準値の範囲内であれば基本的には健康だということになります。

中性脂肪値の急な変動などがなければ中性脂肪が原因の病気を心配する必要はないでしょう。

中性脂肪とアルコールの関係について

アルコールの取り過ぎは中性脂肪値を増加させます

 

お酒との関係

アルコールの過剰摂取で中性脂肪値が上がるのはなぜでしょうか。肝臓は中性脂肪の量を調整していますが、摂取したアルコールの分解も行います。飲み過ぎると肝臓の負担が大きくなり肝臓の機能低下を引き起こしてしまうのです。肝機能が低下すると中性脂肪をうまく処理できなくなり、これにより中性脂肪値の増加を招くのです。
1日あたりのアルコールの適正量はどのぐらいでしょうか

お酒との関係

アルコールの適正量は1日あたり純アルコールおよそ25mlが目安となります。実際のお酒に換算してみるとビールなら中ビン1本程度、ワインならグラス3杯程度になります。年齢や性別や健康状態やアルコールに対する体質はそれぞれ異なりますので、自分にとっての適量を守るようにしてください。アルコールの量を管理することは将来の病気の予防にも役立ちます。
中性脂肪とコレステロールの違いは何でしょうか

中性脂肪とコレステロールには悪いイメージがありますが、実は両方体にとっては欠かすことのできない重要な成分です。中性脂肪とコレステロールの違いや役割などをチェックしてみましょう。

 

中性脂肪とは

腹部や腕や足などの柔らかい部分や血液中などに存在しています。中性脂肪にはいざという時に備えてエネルギーを蓄えるという働きがあります。普段は脂肪組織や肝臓などに蓄えられていて、糖質が不足した場合にはエネルギーとして使われることになります。またこれ以外に体温を保つ働きや外部の衝撃から体を守るクッションとしての働きなどもあります。

 

コレステロールとは

健康な人の体内には100〜200g程度のコレステロールが存在しています。脳や心臓や肺や消化器や肝臓や副腎や皮膚や筋肉など、体のいたるところに存在しています。コレステロールは細胞膜の材料となっています。体の中には無数の細胞があるのですが、これらを構成するためにはコレステロールが欠かせないのです。またコレステロールはホルモンの材料にもなっています。副腎皮質ホルモンや女性ホルモンや男性ホルモンなどはコレステロールから作られています。胆汁酸もコレステロールから作られます。脂肪の消化や吸収のために働く消化液が胆汁酸です。胆汁酸は肝臓でコレステロールから合成されるのです。

このように中性脂肪もコレステロールもいずれも体のためには欠かせない必要な成分なのですが、量が増えすぎてしまうと体に様々な悪影響を与えるためにマイナスのイメージが強いのです。


人気アイテムランキング


人気アイテムランキング


イマークSは、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAが260mg、EPAが600mgも含まれているヨーグルト風味のドリンクです。イマークSに含まれているEPAは、血中中性脂肪の減少に効果的な成分で、1日1本を4週間から12週間継続して飲み続けることにより、血中中性脂肪が、摂取前よりも20%も減少したという結果が報告されています。青魚をあまり食事で摂取していない人、メタボが気になる人などにはお勧めの製品です。
価格 容量 使用方法
1000円(10本・初回限定) 100ml(1本あたり) 1日1本

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
高麗人参の7倍のサポニンとフラボノイド、そして必須アミノ酸が豊富に含まれているのが田七人参です。田七人参は、古来から珍重されてきた自然のパワーにより、血液の巡りをサラサラにする効果に優れています。白井田七は、国際有機認証取得、また有機JAS認証取得など品質や安全性にも優れていますから、安心して健康のために服用することが出来るのです。
価格 容量 使用方法
9240円(初回限定) 240粒(1瓶) 1日4〜8粒

公式サイトへ



人気アイテムランキング
飲むだけでコレステロールを下げ、脂肪の燃焼を促進してくれるのが、VCOサプリメントです。VCOサプリメントは、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれているヴァージンココナッツオイルが主成分となっています。また、VCOサプリメントに含まれるヴァージンココナッツオイルは、自然分離抽出方法による高級ココナッツオイル。だからこそ、VCOサプリメントは飲むだけでぶよぶよボディを解消することが出来るのですね。
価格 容量 使用方法
7590円(特別定期便) 90粒×2本 食事の前に2粒

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング


ベターミオは、特定保健用食品として許可された錠剤タイプの製品で、1日2袋食べることによって、効率的に中性脂肪を減らしてくれます。ベターミオに含まれるベータコングリシンは、大豆に僅かしか含まれていない希少なタンパク質で、このベータコングリシンが中性脂肪に効果的なのです。今ある脂肪は効率的に燃焼させ、これから作られる脂肪は身体に蓄積しないように抑制してくれます。摂取した脂肪をブロックしてくれるなどの効果もあります。
価格 容量 使用方法
500円(10袋・初回限定) 10袋(1袋8粒入) 1日2袋(16粒)

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
スーパーサラシアは、毎食前にたった3粒飲むだけで、理想的なボディへ導いてくれる製品です。インドのアーユルヴェーダで注目の植物サラシアが配合されており、サラシアにしかない成分が糖の吸収を抑制し身体に糖を蓄積しないことで、脂肪を燃焼アップを叶えてくれます。他にもウコン、紅景天をバランスよく配合。品質にもこだわっていますから、安心して飲めるのもお勧めできるポイントとなっています。
価格 容量 使用方法
500円(90粒・モニター価格) 90粒(10日分) 食事前に3粒

公式サイトへ


 



人気アイテムランキング
美味しくダイエットサポートしてくれる朝美人革命は、ゴールデンキャンドルにダイエット茶として有名なプーアル茶をプラスした製品です。更に、ウコンやローズヒップ、ジンジャーやハイビスカスといったハーブを加えた3種類のハーブデトックスティー、そして黒豆や杜仲茶生姜にごぼうを加えた和テイストの3種類が用意されています。様々なフレーバーで飽きることなく美味しくデトックス出来るのが、朝美人革命なのです。
価格 容量 使用方法
2754円 6種類セット(7ケ入×6種類) 1日1杯

公式サイトへ