MENU

脂肪酸にはどのような分類や違いがありますか?

脂質の違いや分類などについて

 

油や脂肪についての研究が進行するのに従って新事実が判明しています。これまでは脂肪(動物)と油(魚や植物)に脂質を分類していたのですが、これとは別に分類を分子構造によって行うことも行われるようになりました。現在の分類については次のようになっています。

飽和脂肪酸 注1

動物性食品に多く含まれ、コレステロール値を上げる
ラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸

 

不飽和脂肪酸 注2 一価不飽和脂肪酸

オメガ9系 アーモンド、オリーブなど
オレイン酸

多価不飽和脂肪酸

オメガ6系 紅花油、くるみ、レバーなど
リノール酸・γ-リノレン酸・アラキドン酸

オメガ3系 サバ、しそ、うなぎ、さんまなど
α-リノレン酸・EPA・DHA

注1 肥満の状態になるとお腹のまわりにつく中性脂肪の主な成分
注2 魚や植物に多く含まれる傾向にある

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸について(オメガ3、オメガ6、オメガ9について)

ラード

食生活の欧米化が日本でも進んだことによって飽和脂肪酸の摂取量が急激に増えています。特に利用されているのがラード(豚脂)です。

 

ラードは一般家庭ではそれほど利用されていないのですが、安価で酸化しにくいという特徴があり調理に使うと仕上がりが綺麗なことなどから外食産業など業務用として積極的に利用されてきました。

 

飽和脂肪酸については動物のものだけでなく植物性のものにも多く含まれています。例えばパーム油やココナツ油など南方に自生しているヤシの実から採取される油がそうです。植物性だから飽和脂肪酸は含んでいないだろうと早とちりせずにしっかりと確認するようにしてください。中性脂肪値が高めで外食が多いという人の場合にはこのようなことも考えて注文するメニューを決めると良いでしょう。

不飽和脂肪酸の分類

 

一価不飽和脂肪酸について(オメガ9不飽和脂肪酸について)

オメガ9不飽和脂肪酸が一価不飽和脂肪酸に相当します。オリーブオイルなどにはオメガ9不飽和脂肪酸(オレイン酸)が多く含まれています。飽和脂肪酸と比べて酸化されやすい性質がオレイン酸にはありますが、ひとつしか二重結合を含みませんので植物油としては比較的酸化されにくい性質です。料理に利用するのにも向いているでしょう。またローションやクリームなど化粧品の原料としてもオレイン酸は広く利用されていますが、皮膚に対する刺激が少ないことがその理由となっているようです。

 

多価不飽和脂肪酸について(オメガ3不飽和脂肪酸、オメガ6不飽和脂肪酸について)

オメガ3不飽和脂肪酸やオメガ6不飽和脂肪酸などが多価不飽和脂肪酸は含まれています。現代社会ではオメガ3不飽和脂肪酸の摂取量不足とオメガ6不飽和脂肪酸の摂取量過剰が問題となっています。アメリカではかつて動脈硬化や心臓病などが発生する原因は動物性脂肪の過剰摂取だとされていました。また同じ頃にコレステロール値を引き下げる効果が植物油にはあるという研究発表がされたことから「植物油=健康に良い」というイメージが広がったのです。

 

しかしその後行われたアメリカ国立がん研究所の発表などでは植物油にはコレステロール値を押し下げるための効果は認められず、むしろ発がん性を高めるとされたのです。このような事例があったにもかかわらず長い間日本では植物油は健康に良いとされたままであり、大手食品会社などでも「植物油=健康に良い」というイメージのコマーシャルを積極的に行っていたのです。

 

オメガ3不飽和脂肪酸について

近年では特にこのオメガ3不飽和酸の摂取が不足しているとされています。オメガ3は人間の脳の主な構成成分である脂肪の中で最も多くの量を占めている成分です。すべての脂肪酸の中でもオメガ3は最も不飽和度が高いものとなっています。小松菜やブロッコリーや芽キャベツや海藻などにはオメガ3が豊富に含まれています。最近の栄養学では「亜麻仁油」を食事に取り入れることが推奨されています。ただしオリーブ油などとは異なり亜麻仁油には熱に対して非常に弱いという性質があります。熱の高い食品に亜麻仁油が使われているシーンなどをネットなどでは見かけますが、このような亜麻仁油の特性をしっかりと理解した上で食事などに取り入れることがおすすめです。

 

オメガ6不飽和脂肪酸について

オメガ3不飽和脂肪酸とは異なりオメガ6不飽和脂肪酸については過剰な摂取が問題となっています。サラダ油やてんぷら油などにこのオメガ6不飽和酸は多く含まれていますし、また精製油から作られるマヨネーズやドレッシングにも多く含まれますので注意していないとついつい過剰に摂取してしまうということになります。家庭や外食などでは普段から脂分を控えることを心がけてください。

 

人気アイテムランキング


人気アイテムランキング


イマークSは、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAが260mg、EPAが600mgも含まれているヨーグルト風味のドリンクです。イマークSに含まれているEPAは、血中中性脂肪の減少に効果的な成分で、1日1本を4週間から12週間継続して飲み続けることにより、血中中性脂肪が、摂取前よりも20%も減少したという結果が報告されています。青魚をあまり食事で摂取していない人、メタボが気になる人などにはお勧めの製品です。
価格 容量 使用方法
1000円(10本・初回限定) 100ml(1本あたり) 1日1本

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
高麗人参の7倍のサポニンとフラボノイド、そして必須アミノ酸が豊富に含まれているのが田七人参です。田七人参は、古来から珍重されてきた自然のパワーにより、血液の巡りをサラサラにする効果に優れています。白井田七は、国際有機認証取得、また有機JAS認証取得など品質や安全性にも優れていますから、安心して健康のために服用することが出来るのです。
価格 容量 使用方法
9240円(初回限定) 240粒(1瓶) 1日4〜8粒

公式サイトへ



人気アイテムランキング
飲むだけでコレステロールを下げ、脂肪の燃焼を促進してくれるのが、VCOサプリメントです。VCOサプリメントは、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれているヴァージンココナッツオイルが主成分となっています。また、VCOサプリメントに含まれるヴァージンココナッツオイルは、自然分離抽出方法による高級ココナッツオイル。だからこそ、VCOサプリメントは飲むだけでぶよぶよボディを解消することが出来るのですね。
価格 容量 使用方法
7590円(特別定期便) 90粒×2本 食事の前に2粒

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング


ベターミオは、特定保健用食品として許可された錠剤タイプの製品で、1日2袋食べることによって、効率的に中性脂肪を減らしてくれます。ベターミオに含まれるベータコングリシンは、大豆に僅かしか含まれていない希少なタンパク質で、このベータコングリシンが中性脂肪に効果的なのです。今ある脂肪は効率的に燃焼させ、これから作られる脂肪は身体に蓄積しないように抑制してくれます。摂取した脂肪をブロックしてくれるなどの効果もあります。
価格 容量 使用方法
500円(10袋・初回限定) 10袋(1袋8粒入) 1日2袋(16粒)

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
スーパーサラシアは、毎食前にたった3粒飲むだけで、理想的なボディへ導いてくれる製品です。インドのアーユルヴェーダで注目の植物サラシアが配合されており、サラシアにしかない成分が糖の吸収を抑制し身体に糖を蓄積しないことで、脂肪を燃焼アップを叶えてくれます。他にもウコン、紅景天をバランスよく配合。品質にもこだわっていますから、安心して飲めるのもお勧めできるポイントとなっています。
価格 容量 使用方法
500円(90粒・モニター価格) 90粒(10日分) 食事前に3粒

公式サイトへ


 



人気アイテムランキング
美味しくダイエットサポートしてくれる朝美人革命は、ゴールデンキャンドルにダイエット茶として有名なプーアル茶をプラスした製品です。更に、ウコンやローズヒップ、ジンジャーやハイビスカスといったハーブを加えた3種類のハーブデトックスティー、そして黒豆や杜仲茶生姜にごぼうを加えた和テイストの3種類が用意されています。様々なフレーバーで飽きることなく美味しくデトックス出来るのが、朝美人革命なのです。
価格 容量 使用方法
2754円 6種類セット(7ケ入×6種類) 1日1杯

公式サイトへ