MENU

食事の工夫で中性脂肪を減らしましょう!

 

中性脂肪値を下げる効果のある食品について

 

毎日の生活に食事は欠かせないものです。食べ物は人の体内に取り込まれることで体を構成する血や肉になるのです。今回は中性脂肪値を下げる効果のある食品について紹介したいと思います。

 

1)魚類(DHA、EPA)

 

魚類に豊富に含まれるDHAやEPAには中性脂肪値を減少させることで血液をサラサラにしたり動脈硬化を予防したりする効果があります。特にDHAやEPAが豊富に含まれるのはサバ・ハマチ・マグロ・アジ・ニシン・アナゴ・マイワシ・アンコウ・ヒラメ・ブリ・カツオ・サワラ・サンマ・タイ・シシャモなどです。

 

2)野菜類(ファイトケミカル)

 

野菜類に含まれるファイトケミカルには、カロテンやビタミンCやビタミンEやセサミンやカテキンなどが豊富に含まれています。これらには悪玉コレステロールの酸化を防止して中性脂肪値が上がらないようにする効果があります。ニンジン・トマト・大豆・小松菜・緑茶・ゴマ・カボチャなどに豊富に含まれています。

 

3)油脂類(オレイン酸)

 

オリーブ油やヒマワリ油やマーガリンに多く含まれているオレイン酸には、善玉コレステロールはそのままで悪玉コレステロールだけを減少させるという効果があります。

 

4)食物繊維を豊富に含む食品類

 

食物繊維にはコレステロールの吸収を防ぐ効果や胆汁酸を体外に排出する効果などがあります。これによりコレステロール値や中性脂肪値を下げることができるのです。食物繊維を豊富に含む食品はゴボウ・コンニャク・切り干し大根・マイタケ・リンゴ・バナナ・マンゴー・ブルーベリー・キウイなどです。

 

食事や食材で中性脂肪を減らすためには

食べすぎに注意しましょう

肥満や栄養の偏りなどは食べすぎが原因です。食べすぎによって高脂血症だけでなく高血圧や高血糖などが発生する場合もありますから注意が必要です。1日あたりの栄養摂取量については身長による標準体重(kg)×25〜30Kcalが適正量となります。毎日の摂取エネルギーを適正量の範囲内に抑えることが必要です。

 

肉よりも魚や大豆製品を積極的に食べましょう

肉には脂肪分が多く含まれますので結果的にコレステロール値を上昇させることになります。おかずは肉よりも魚や大豆製品を中心とするのが良いでしょう。

 

コレステロールを多く含む食品は控えましょう

卵などの食品にはコレステロールが多く含まれます。食べ過ぎないように気をつけてください。

 

食物繊維を積極的にとりましょう

コレステロール値を下げる働きが食物繊維にはありますので、野菜類・海藻類・キノコ類・イモ類などは積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンやポリフェノールを豊富に含む食品をとりましょう

動脈硬化を促進する活性酸素の働きを抑える効果がる野菜や果物などを積極的にとりましょう。ただし果物については食べ過ぎると中性脂肪値を上げることになりますので注意してください。

 

お酒は飲み過ぎないようにしましょう

お酒を飲みすぎると中性脂肪値が上昇するだけでなく肝臓機能低下の原因にもなります。お酒は適量を守って楽しんでください。

 

 

中性脂肪対策レシピ

中性脂肪対策に、手の込んだ料理は必要ありません。辛い食事制限にしないためのポイントやおすすめの料理を紹介します。

 

お手軽で効果的な海藻サラダ

 

中性脂肪対策レシピ

天然のミネラルを多く含み、食物繊維もたっぷりな「わかめ」に、血液をサラサラにしてくれる効果の高い「たまねぎ」の組み合わせがポイントです。ノンオイルのドレッシングにして油の摂取量もコントロールしましょう。


 

青魚のサラサラ効果、サバの味噌煮・鮭のホイル焼き

 

中性脂肪対策レシピ
出典:白ごはん.com

サバなどの青魚に含まれるEPAには中性脂肪を減らすほか、

  • 血管を拡張させる
  • コレステロールを分解する
  • 血栓を作らないようにする、溶かす

などの健康効果があります。


 

中性脂肪対策レシピ
出典:白ごはん.com

鮭にもEPAやDHAが豊富に含まれています。食物繊維が豊富なキノコ類と合わせることで、さらに中性脂肪対策になります。

 

材料をホイルで包んでトースターに入れるだけというお手軽さも嬉しいメニューです。


 

コンビニで買えるお手軽中性脂肪対策食品といえば?

 

セブンイレブンの味わいあたりめ


 

からだすこやか茶W


 

メッツコーラ



人気アイテムランキング


人気アイテムランキング


イマークSは、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAが260mg、EPAが600mgも含まれているヨーグルト風味のドリンクです。イマークSに含まれているEPAは、血中中性脂肪の減少に効果的な成分で、1日1本を4週間から12週間継続して飲み続けることにより、血中中性脂肪が、摂取前よりも20%も減少したという結果が報告されています。青魚をあまり食事で摂取していない人、メタボが気になる人などにはお勧めの製品です。
価格 容量 使用方法
1000円(10本・初回限定) 100ml(1本あたり) 1日1本

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
高麗人参の7倍のサポニンとフラボノイド、そして必須アミノ酸が豊富に含まれているのが田七人参です。田七人参は、古来から珍重されてきた自然のパワーにより、血液の巡りをサラサラにする効果に優れています。白井田七は、国際有機認証取得、また有機JAS認証取得など品質や安全性にも優れていますから、安心して健康のために服用することが出来るのです。
価格 容量 使用方法
9240円(初回限定) 240粒(1瓶) 1日4〜8粒

公式サイトへ



人気アイテムランキング
飲むだけでコレステロールを下げ、脂肪の燃焼を促進してくれるのが、VCOサプリメントです。VCOサプリメントは、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれているヴァージンココナッツオイルが主成分となっています。また、VCOサプリメントに含まれるヴァージンココナッツオイルは、自然分離抽出方法による高級ココナッツオイル。だからこそ、VCOサプリメントは飲むだけでぶよぶよボディを解消することが出来るのですね。
価格 容量 使用方法
7590円(特別定期便) 90粒×2本 食事の前に2粒

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング


ベターミオは、特定保健用食品として許可された錠剤タイプの製品で、1日2袋食べることによって、効率的に中性脂肪を減らしてくれます。ベターミオに含まれるベータコングリシンは、大豆に僅かしか含まれていない希少なタンパク質で、このベータコングリシンが中性脂肪に効果的なのです。今ある脂肪は効率的に燃焼させ、これから作られる脂肪は身体に蓄積しないように抑制してくれます。摂取した脂肪をブロックしてくれるなどの効果もあります。
価格 容量 使用方法
500円(10袋・初回限定) 10袋(1袋8粒入) 1日2袋(16粒)

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
スーパーサラシアは、毎食前にたった3粒飲むだけで、理想的なボディへ導いてくれる製品です。インドのアーユルヴェーダで注目の植物サラシアが配合されており、サラシアにしかない成分が糖の吸収を抑制し身体に糖を蓄積しないことで、脂肪を燃焼アップを叶えてくれます。他にもウコン、紅景天をバランスよく配合。品質にもこだわっていますから、安心して飲めるのもお勧めできるポイントとなっています。
価格 容量 使用方法
500円(90粒・モニター価格) 90粒(10日分) 食事前に3粒

公式サイトへ


 



人気アイテムランキング
美味しくダイエットサポートしてくれる朝美人革命は、ゴールデンキャンドルにダイエット茶として有名なプーアル茶をプラスした製品です。更に、ウコンやローズヒップ、ジンジャーやハイビスカスといったハーブを加えた3種類のハーブデトックスティー、そして黒豆や杜仲茶生姜にごぼうを加えた和テイストの3種類が用意されています。様々なフレーバーで飽きることなく美味しくデトックス出来るのが、朝美人革命なのです。
価格 容量 使用方法
2754円 6種類セット(7ケ入×6種類) 1日1杯

公式サイトへ