MENU

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞にはどのような違いがあるのでしょうか?

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞について

 

ダイエットが近年ではブームになっています。当初はダイエットといえば体重を減らすことだけが注目されていたのですが、最近のダイエットでは体脂肪を減らすことが注目されています。医学的な定義としては肥満は体脂肪が増えすぎた状態を意味しています。

 

体脂肪率と肥満の関係について

体脂肪 適性 軽い肥満 肥満

重度の肥満

男性

10〜20%未満

20〜25%未満

25〜30%未満

30%以上

女性(15歳以上)

 

15〜30%未満

30〜35%未満

35〜40%未満

40%以上

肥満については体内に含まれる脂肪の割合で判断されることになります。体重が多くても脂肪が少なければ肥満ではありません。体内に蓄積した脂分というイメージが脂肪については一般的となっています。脂肪には4つの種類があります。ただし実際には脂肪は「褐色脂肪細胞」「白色脂肪細胞」の2種類に大まかに分類する場合が多いです。

 

人の体に含まれる脂肪の中でわずか1%程度しか存在しないのが褐色脂肪細胞で、体内で過剰となったエネルギーを燃焼する働きがあります。一時期話題となった大食いタレントなどが大食いなのにやせている理由はこの褐色脂肪細胞を体内に多く持っているためだと考えられています。一方で一般的に問題とされることの多い脂肪が白色脂肪細胞です。これはいわゆる太る原因となっている脂肪細胞であり、白色脂肪細胞が増えた状態が肥満ということになります。それでは白色脂肪細胞はどんな役割を持っているのでしょうか。また増えすぎの弊害としてはどのようなことが考えられるのでしょうか

白色脂肪細胞の役割について

白色脂肪細胞にも存在の理由があります。人間にとって必要な成分だから白色脂肪細胞は存在しているのです。ただし本来の役割を果たすため以上に過剰に摂取してバランスを崩した場合には問題が生じることになるのです。白色脂肪細胞の本来の役割としては外部からの衝撃から体を守るクッションの役割を果たしたり、体温を保持したり、いざという時に備えてエネルギーを蓄えたり、臓器を支えたりするなどの働きがあり、いずれについてもとても重要な役割となっています。ですから極端に痩せすぎなのもまた問題なのです。

 

褐色脂肪細胞の役割について

いわゆる痩せやすい体質というのは褐色脂肪細胞の働きが活発な状態だとされています。

 

体内に蓄えられた過剰な中性脂肪を燃焼して体温を上げることで余分なエネルギー排出を行うという働きが褐色脂肪細胞にはあります。

 

他の一般的な体脂肪はエネルギーを蓄えるために働くのですが、褐色脂肪細胞には内蔵脂肪を燃やして体内の熱を生産する働きがあるのです。ですから褐色脂肪細胞の働きが活発であればそれだけ痩せやすい体質になるのです。私たちの首や肩や背中などに褐色脂肪細胞は存在しているとされています。この褐色脂肪細胞については適度な刺激によって活性化させることができます。

褐色脂肪細胞を活発にする方法について

脂肪については褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞が存在することを知らなかったという人が多いのではないでしょうか。それでは中性脂肪の値を減らして正常化するために効果的な褐色脂肪細胞の働きをを活発にする方法についてはどんなものがあるのでしょうか。

 

肩甲骨の動きをスムースにしましょう

上下左右に肩甲骨を動かすストレッチが褐色脂肪細胞を活発にするためには効果的です。様々なストレッチや体操やヨガなどが行われていますが、それらの中にもこの動きを取り入れたものが多いかもしれません。この時には腕を単純に上げずに肩甲骨を動かすことを意識して腕を上げるのが重要になります。

 

水泳をしてみましょう

肩甲骨の周りの筋肉をしっかりと使うスポーツの代表が水泳です。水泳の動きは褐色脂肪細胞に刺激を与えるのに最適なのですが、さらに冷たい水に入って運動することにより体温を一定に保つために褐色脂肪細胞はより活発に働くことになります。一定の距離を泳ぐことで有酸素運動としての効果も高いですから合理的でおすすめの方法です。

 

冷水シャワーを浴びてみましょう

これは水泳の場合と同じ原理になります。特に首や肩や背中などに冷水を重点的に浴びると効果的です。ただし冷水をいきなり浴びた場合には心臓などに負担がかかることもありますので、温めのお湯から始めて温度を徐々に下げていくようにしましょう。41〜42度程度の温水から始めて20度ぐらいまで徐々に水温を下げて、再度温水に戻していくという方法が効果的だとされています。

 

人体の温度センサーを刺激してみましょう

人体の温度センサーが人の手のひらには密集しているとされています。ですから保冷剤などを利用してこのセンサーを刺激すると脳には寒いという情報が伝わります。これによって褐色脂肪細胞に刺激を与えることができます。ただし長く持ちすぎると低温ヤケドなどを起こしますので注意が必要です。刺激をするだけで十分ですから長く持たなくても大丈夫です。

 

様々な褐色脂肪細胞を活発化させる方法を紹介しましたが、やはり手ごろで簡単な肩甲骨ストレッチがおすすめです。ストレッチで肩甲骨周辺の筋肉を緩めて褐色脂肪細胞が活動しやすい環境を作りましょう。肩甲骨を動かすことによる効果は腹筋100回に相当するとも言われています。あなたも褐色脂肪細胞の活発化に積極的に取り組んでみてください。


人気アイテムランキング


人気アイテムランキング


イマークSは、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAが260mg、EPAが600mgも含まれているヨーグルト風味のドリンクです。イマークSに含まれているEPAは、血中中性脂肪の減少に効果的な成分で、1日1本を4週間から12週間継続して飲み続けることにより、血中中性脂肪が、摂取前よりも20%も減少したという結果が報告されています。青魚をあまり食事で摂取していない人、メタボが気になる人などにはお勧めの製品です。
価格 容量 使用方法
1000円(10本・初回限定) 100ml(1本あたり) 1日1本

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
高麗人参の7倍のサポニンとフラボノイド、そして必須アミノ酸が豊富に含まれているのが田七人参です。田七人参は、古来から珍重されてきた自然のパワーにより、血液の巡りをサラサラにする効果に優れています。白井田七は、国際有機認証取得、また有機JAS認証取得など品質や安全性にも優れていますから、安心して健康のために服用することが出来るのです。
価格 容量 使用方法
9240円(初回限定) 240粒(1瓶) 1日4〜8粒

公式サイトへ



人気アイテムランキング
飲むだけでコレステロールを下げ、脂肪の燃焼を促進してくれるのが、VCOサプリメントです。VCOサプリメントは、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれているヴァージンココナッツオイルが主成分となっています。また、VCOサプリメントに含まれるヴァージンココナッツオイルは、自然分離抽出方法による高級ココナッツオイル。だからこそ、VCOサプリメントは飲むだけでぶよぶよボディを解消することが出来るのですね。
価格 容量 使用方法
7590円(特別定期便) 90粒×2本 食事の前に2粒

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング


ベターミオは、特定保健用食品として許可された錠剤タイプの製品で、1日2袋食べることによって、効率的に中性脂肪を減らしてくれます。ベターミオに含まれるベータコングリシンは、大豆に僅かしか含まれていない希少なタンパク質で、このベータコングリシンが中性脂肪に効果的なのです。今ある脂肪は効率的に燃焼させ、これから作られる脂肪は身体に蓄積しないように抑制してくれます。摂取した脂肪をブロックしてくれるなどの効果もあります。
価格 容量 使用方法
500円(10袋・初回限定) 10袋(1袋8粒入) 1日2袋(16粒)

公式サイトへ


 


人気アイテムランキング
スーパーサラシアは、毎食前にたった3粒飲むだけで、理想的なボディへ導いてくれる製品です。インドのアーユルヴェーダで注目の植物サラシアが配合されており、サラシアにしかない成分が糖の吸収を抑制し身体に糖を蓄積しないことで、脂肪を燃焼アップを叶えてくれます。他にもウコン、紅景天をバランスよく配合。品質にもこだわっていますから、安心して飲めるのもお勧めできるポイントとなっています。
価格 容量 使用方法
500円(90粒・モニター価格) 90粒(10日分) 食事前に3粒

公式サイトへ


 



人気アイテムランキング
美味しくダイエットサポートしてくれる朝美人革命は、ゴールデンキャンドルにダイエット茶として有名なプーアル茶をプラスした製品です。更に、ウコンやローズヒップ、ジンジャーやハイビスカスといったハーブを加えた3種類のハーブデトックスティー、そして黒豆や杜仲茶生姜にごぼうを加えた和テイストの3種類が用意されています。様々なフレーバーで飽きることなく美味しくデトックス出来るのが、朝美人革命なのです。
価格 容量 使用方法
2754円 6種類セット(7ケ入×6種類) 1日1杯

公式サイトへ